医療脱毛のリスクマネジメントのひとつとされる、体毛の硬毛化と増毛化について簡単にご紹介します。
まず脱毛後の増毛化、硬毛化とは本来の体毛の性質と比較して毛の量が増えたり、毛の質が硬くなることを指しています。

最も頻発しやすい部位は、二の腕、お腹、肘から手首にかけてが多く見受けられます。これは、産毛のような体毛の薄い部位に見られる症状です。

実際、体毛の薄い部位を脱毛することで、増毛化、硬毛化される原因は明確には証明されていないことが事実です。
クリニックでの対応策は、事前に予防することが困難であるという理由からも、期日付きで再照射のサービスを無料で実施していることがあります。

増毛化、硬毛化現象は、カミソリや電気シェーバーなど千差万別にある脱毛方法でも、起こり得ると昔から言われていることです。
判明していることは、産毛のように薄い部分の脱毛後に起こりやすいということです。
個々の体質にもよるところが大きいともいえます。

とくに指の体毛、お腹、二の腕など女性らしさを演出したい部位に多く見られるために非常に厄介な症状です。
クリニックを選択する条件に、硬毛化、増毛化のアフターを重視することもまた重要な点になります。

以上、医療脱毛のリスク「増毛化、硬毛化」現象について簡単にご紹介しました。
産毛の脱毛後に体毛が濃くなるとは本末転倒です。
自分の身を守るためにもクリニックのアフターサービスを念頭に入れるべきです。
医療脱毛「硬毛化、増毛化」のリスクマネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です